オイルを使った快適マッサージ一覧|マッサージラボ

効果的なオイルの紹介やオイルマッサージのコツなどをピックアップ!

マッサージで使えるオイルと精油、何が違う?

マッサージで使われる精油とアロマオイルには、どんな違いがあるのか知っていますか?

アロマオイルにも色々な種類があり、天然の物と合成された物がありますが、用途や香りの感じ方が異なるそうです。

天然のアロマオイルは精油やエッセンシャルオイルと呼ばれていて、繊細な香りが楽しめますし、その名の通り自然界にある植物から抽出した100%天然の香り成分であり、香りによって様々な効果が得られますよ。

精油は香りを楽しむだけでなく、マッサージやお風呂など美容にも活用できるのですが、原液は高濃度なので薄めてから使用するようにしましょう。

人工的な合成香料が含まれている合成アロマオイルは、アロマオイルやポプリオイル、フレグランスオイルなどと呼ばれていて、石油系の原料から作られていたり、アルコールが混ざっている物もあるそうです。

デコルテのセルフリンパマッサージ!

首や肩を解せるリンパマッサージをご紹介いたしますので、体が疲れていると感じている人はセルフマッサージしてみてはいかがでしょう。

マッサージオイルを適量手に取って、馴染ませてから首や肩やデコルテに塗布したら、まずは腕周りを全体的に指圧して脇にあるリンパ節を優しく摩って解しましょう。

鎖骨にあるリンパ節は、指で鎖骨を挟みながら優しく撫でて解し、再び手から腕、脇の下へと流し、老廃物をスッキリ流しましょう。

肩の後ろに手のひら全体を当てて後ろから鎖骨方向へと流し、首の付け根から鎖骨へと撫でて流す事によって、肩こりもスッキリできますよ。

腕の付け根から胸の上を指の腹で円を描くようにマッサージしていき、最後に鎖骨へと流したら完了です。

服の上からでもできるマッサージですから、自宅などで実践してみてはいかがでしょう。

お腹をオイルマッサージしてみよう!

お腹のマッサージでは、好みの香りのオイルを使って実践してみてはいかがでしょう。

お腹全体にマッサージオイルを塗布したら、指だけで触ると力を入れすぎてしまいますので、まずはお腹を手のひら全体で触り、呼吸に合わせながらゆっくりと手を動かしてマッサージを始めましょう。

お腹全体を優しく摩るようにマッサージしたら、肋骨の淵から鳩尾を通って、胃や腸なども優しく指の腹でマッサージしていきますが、内臓の位置を意識しながらマッサージしていきましょう。

内臓付近をマッサージする時には、優しい力加減でゆっくりと流すように心がけましょう。

ヘソの近くにある小腸の位置で優しく指圧しますが、指を無理やり押し込まないように注意しましょう。

パチュリとネロリのオイルについて知っておこう!

マッサージオイルで使われているネロリとパチュリというオイルの特徴についてご紹介いたします。

ネロリは、開花したばかりのビターオレンジの花からしか抽出できない貴重で高価な精油であり、柑橘系とフローラルの優雅で美しい香りが特徴です。

不安や怒りなどのネガティブな感情を落ち着かせるリラックス効果があるだけでなく、胃痛や便秘や下痢などのストレスによる体調不良にも効果的ですし、皮膚の新陳代謝にも良いのでのアンチエイジング効果も期待できるのです。

パチュリは、パチュリの葉から採れる精油であり、墨汁に似た独特で濃厚な香りが特徴です。

不安や緊張などのストレスによる精神疲労を和らげて穏やかな気持ちへと導いたり、食欲不振を抑える効果があるためダイエット中の方にオススメですし、体を温める作用があるので、冷え性や浮腫みの改善にも効果が期待できるのです。

アロマオイルを使ってふくらはぎをマッサージしよう!

アロマオイルを使ったマッサージでふくらはぎの浮腫みを取り除く事ができますので、ぜひ実践してみてはいかがでしょう。

まずは、アロマオイルを手のひら全体に馴染ませて、ふくらはぎの裏側を下から上へと流すように包み込みながら、ふくらはぎ全体にアロマオイルを塗っていくのです。

足の裏までしっかりとオイルを馴染ませたら、踵から膝裏へと手のひらを交互にゆっくり数回ほど滑らせて血液やリンパの流れを改善しましょう。

手のひら全体を使って押し流すのがポイントですから、優しく気持ち良い力加減で下から上へとマッサージを行いましょう。

膝裏にはリンパ節がありますので、親指のはらでクルクルと円を描くように交互に押しながらマッサージをして筋肉を緩めましょう。

ジャスミンのアロマオイルとは?

今回は、アロマオイルでよく使われているジャスミンについてご紹介いたします。

ジャスミンのアロマオイルは、ジャスミンの花から揮発性有機溶剤抽出法によって抽出される精油で、モクセイ科で常緑低木という種類の花なのです。

クレオパトラも愛したと言われている香りは、数あるアロマオイルの中でも最も魅惑的で美しいフローラルな香りだと評価されていて、上品で甘い香りが特徴的なアロマオイルなのです。

リラックス効果が高くて、抗鬱作用などメンタル面でも良い効果が期待できると言われていますし、ストレスの解消にも良いとされていたり、不安や無気力な状態の人にオススメですよ。

鎮痛効果もあって、生理痛にも有効だと言われていますし、敏感肌や乾燥肌の人も使用できるのでフェイシャルの施術でも使われているだそうです。

ホホバオイルやアーモンドオイルとは

マッサージでよく使われているホホバオイルは、どんな特徴があるのか知っていますか?

代表的なキャリアオイルの一つであるホホバオイルは黄金色のオイルですが、油ではなく植物性のワックスが使われていて、無臭でサラサラとした滑らかな使い心地なのです。

肌質に関係なく使う事ができると言われていますし、浸透力もあるので使い勝手が良いオイルですよ。

アーモンドオイルは名前の通りアーモンドの種から抽出されたオイルで、アーモンドの香りを楽しむ事ができますし、古代ギリシャ時代から使われているという歴史あるオイルなのです。

こちらも代表的なキャリアオイルで、肌質に関係なく使用できるため、赤ちゃんや敏感肌の人も使う事ができると言われていますよ。

ティートリーとゼラニウムの効能

今回は、マッサージで使われるティートリーとゼラニウムのアロマオイルの効能についてご紹介いたします。

ティートリーは葉から抽出される精油で、清潔感のある香りが特徴的なので心身のリフレッシュをしたいと考えている方や、集中力を高めたい方にオススメなのです。

ゼラニウムは葉から抽出される精油ですが、ローズのような少し甘い香りの中にスッキリとしたミントの香りが特徴的で、精神面ではストレスなどの不調に効果があるので、更年期障害や生理痛など女性のお悩み改善にオススメですよ。

身体面では、老廃物の排出促進効果もあるので肥満や浮腫みの解消を考えている方にもご使用いただけますし、肌の皮脂に働きかけてシミシワを予防する効果が期待できるそうです。

サイプレスとグレープフルーツの効能

アロマオイルにも幾つか種類がありますが、今回はグレープフルーツとサイプレスについてご紹介いたします。

グレープフルーツのアロマオイルは皮から抽出された黄色の精油ですが、爽やかな柑橘系の香りは消臭効果もあるそうです。

緊張や不安なども和らげるだけでなく、リモネンという成分が含まれているため、血行促進作用やダイエット効果やリラックス効果が得られると言われていますし、肥満や浮腫みで悩んでいる方にもオススメなのです。

サイプレスは透明色の精油ですが、ウッディな落ち着いた香りの中にスパイシーさがあり、心を鎮めて落ち着いた気分になれるそうです。

老廃物や余分な水分を排出させる作用があるので、セルライト予防や浮腫み改善に効果が期待できるだけでなく、女性特有の症状にも良いのだそうです。

スウィートマージョラムとジュニパーベリーの効能

マッサージで使用するアロマにも色々な種類がありますが、今回はジュニパーベリーとスイートマジョラムについてご紹介いたします。

ジュニパーベリーはヒノキ科の植物で、まるで森の中にいるかのようなウッディな香りを楽しむ事ができますし、新陳代謝をアップさせたり、老廃物の排出を促進させて浮腫みや肩こり腰痛予防にも良いのだそうです。

ヒノキ風呂のような風情のある香りは心を落ち着かせてリフレッシュしたり、穏やかな気分になったり前向きな気持ちにさせてくれるので、仕事や勉強などで集中したい時に使うのがオススメです。

スイートマジョラムは紫蘇科の植物で、緊張を解したり快眠したい時などにリラックス効果を得る事ができますし、体温調節作用と血行促進効果があるので冷え性や浮腫みにも良いそうです。