オイルを使った快適マッサージ一覧|マッサージラボ

効果的なオイルの紹介やオイルマッサージのコツなどをピックアップ!

朝のスキンケアとマッサージ方法

こちらの動画のUP主は洗顔フォームは使用せずにぬるま湯だけで30回ほど洗うという方法をおこなっているようです。

手をつけずに水だけで洗っていくという方法で顔を洗っていきます。そしてその後に美容オイルを塗っていきます。使用しているオイルはモロッコ100%のオーガニックウチワサボテンオイルというものを使用しています。

これはなにも付いていない肌についていきます。最初にオイルをつけていくことによって化粧水等の塗りもよくなっていきます。化粧水はIPSAのザタイムRアクアを使用しています。歯男女水分が多めか層でないかによって変えていくのが良いかもしれません。

みち整体院

神戸市西区で数少ない産後骨盤矯正を行うサロンで開業開業10年以上の信頼と実績によって1人1人の気になるところの改善を考えて施術を考えて施術を行ってくれます。

身体の中から健康的に美しくなれるダイエットもサポートをする事ができ、産後の歪みが気になる方にも徹底したマッサージで健康的な身体をとりもどします。
お体の状態を見極め、辛い箇所を細かく分析し徹底改善し、生活習慣などにより歪んだ体のラインを整えることが出来ます。

なかなか体重が落ちない方や腰痛がある等のお悩みがある方に産後骨盤矯正コースがおす酢目です。アットホームなサロンで、身体の疲れをすっきりと行います。

くすみ、シワに効果的なマッサージ

耳下線のあたりをほぐして温めて耳下線をプッシュしましたら、力を強めに鎖骨の溝に流すイメージで行っていきます。顎と首の間の溝に指を食い込ませて耳の下まで強めに流していきます。

小顔効果だけではなくお顔全体のリフトアップや、シワ、タルミなどを改善して、見た目年齢マイナス10歳も夢でない若返り要素も含んだフルバージョンであろう内容UPをしています。

この動画の内容を一通り施すと、ツルツルな肌が戻ってくると定評が多くあるとのことでとても人気のなっています。顔色がくすんで見えるお年頃な方でもこちらを毎日続けていくことで目に見えて変化を感じる事ができます。

頬のたるみに効くマッサージ

頬のたるみに効くマッサージは筋肉でいいますと小頬骨筋になります。この筋肉が硬くなってしまいますので、頬がたるんできてしまったりとかむくみ等にもつながってしまいます。

小頬骨筋は頬骨のあたりからずっと走ってきているラインにあります。その筋肉にの当たりを3本の指でぐっと挟むようにしてもちそれを上下に動かしていきます。

最初はわかりにくくすぐに掴むのは難しいかと思います。続けていくうちに感覚が分かってきてやりやすくなると解説されています。最初頬がむくんできてカチカチになっていますと掴むのがむずかしくなってしまっているといいます。

肩こり解消に効果があるツボとは?

40代の方だけでなく、20代、30代の方でも、デスクワークやスマホの使いすぎにより、辛い肩こりに悩んでいるという方も多いですが、硬く凝り固まった肩をほぐすには、マッサージでケアしてあげることが大切ですので、今回は、肩こりに効果的なマッサージ方法を紹介致します。

最初に、肩を後ろ回しで大きく5回ほど回しリラックスし、指の腹を鎖骨の上にある凹み部分に当て、円を描くように優しくさすり、ほぐしていきます。
次に、両手を首の側面に当て、4本の指で上から下へ円を描くようにさするのですが、これも優しい力加減で皮膚を動かすようにマッサージします。
再び、今度は鎖骨の下に指の腹を当て、円を描くようにマッサージしていき、手のひらで耳を包むように当てたら上下にさすり、親指は後頭部の髪の生え際の凹み部分に当てて指圧して完了です。

背中をオイルマッサージする方法

背中のマッサージは自分一人で行うのは難しいため、誰かにやってもらう必要がありますが、今回は背中のオイルマッサージの方法をご紹介いたしますので、ぜひ親しい人にやってみましょう。

まずは、オイルを手に取って手のひらの体温で温めたら、背中全体に馴染ませていき、両手を使って体重で圧をかけつつ、親指で肩甲骨から肩を通り、腕まで流しましょう。

背骨の側面に手を滑らせながら、背中のツボを押すととても気持ち良いのでオススメですし、それぞれ左右の肩を揉みほぐしつつ、首筋から肩へと流すことにより、凝り固まった筋肉を解すことができますよ。

肩甲骨周辺を親指でグイグイと解したり、肩甲骨の外側も円を描くように圧をかけて、最後に腕の方へと流したら完了です。

自分でできるふくらはぎマッサージ

普段立ち仕事や座り仕事をしている方はたくさんいますが、どちらの仕事をしている方も悩みは足のむくみだったりします。今回は、むくみを解消できるふくらはぎのマッサージのリンパマッサージの方法を紹介致します。

まず、両手でふくらはぎをしっかり包み込み、足首から膝に向かって引き上げるように押し流すことを5回繰り返します。次にスネの外側の筋肉をほぐしていき、足首から膝下指3本分の位置にある三里というツボに向かって押し流します。押し流す時は、両方の親指を重ねてマッサージすること5回繰り返しましたら、足首を両手で掴み雑巾をしぼるように足首から膝下に向かってマッサージをすることを3回繰り返します。最後に、グーでふくらはぎ全体を下から上へと少し強めに、5回押し流します。

ふくらはぎのマッサージを自分でするだけで、むくみが解消しますので、疲れた時に実践して見てはいかがですか。

乳突筋のセルフマッサージは顔のむくみを解消させる?

顔のむくみ気になる人はとても多いですが、むくんでいると顔が大きく見られますから、マッサージで改善してすっきりフェイスを手に入れ快適な生活を送りましょう。

顔の筋肉は、頭や首とも繋がっていますので、今回は首にある胸鎖乳突筋にアプローチする方法をオイルを使っていませんが紹介致します

胸鎖乳突筋は、耳の後ろから鎖骨まで伸びていますので、顔の浮腫み以外にも首・肩コリが辛いという人はツボを刺激して楽になるといいのです。
耳の後ろから中指で筋肉を辿っていき、少しずつ下へと指を移動させるという動作を数十回ほど繰り返し行い、緊張している筋肉をじっくり解してあげましょう。
左右両方を同時にマッサージしていくことで、コリ具合が分かりますので、継続的にリンパを流しむくみを解消させましょうね。

首こりに効くリンパマッサージ

肩こりの次に悩むのは、首こりだったりしますよね。首こりをしてしまうことで、肩こりも同様なのかと思いますが、頭痛の原因になりますので、頭痛にならないようにするために首こりの改善方法を紹介致します。

まず、拳で耳下から肩先まで5回さすり、拳で髪の生え際から首の付根へ5回さすりおろします。そして、耳の後ろから指1本分下を5秒間押し、押したまま5秒キープして、5秒かけてゆっくりと離します。

このマッサージは、簡単ですので、空いた時間や暇な時間にマッサージしてみてはいかがですか。肩や首をマッサージをすることで疲れが解れ、体調が改善されるのでしたら試してみても損はないでしょう。

頭痛、肩こり解消 マッサージ

肩こりや頭痛に聞くセルフマッサージの紹介です。とても簡単におこなっていただくことができますので、外出先や宿泊先などでも簡単にできてしまえます。
 
毎日5分やるだけでも緊張が取れていき、大きな効果を期待することができます。
 
まずは手にオイルを塗っていき、首の付け根に手を置き、大きく深呼吸をします。背骨の真横に筋肉を伸ばしていくイメージで伸ばしています。
ひじを前に伸ばしながらマッサージをしていき、その後円を描くようにして筋肉を伸ばしていきます。
 
手を頭の後ろで組んで手の重みを感じながら顎を胸の方に近づけていきます。